失敗しない知識と医院比較

未成年でもレーシックはできる?

レーシックの手術は、日本眼科学会が作成したガイドラインで20歳以上の人が対象になっています。

これは決まり事ですね。

理由は下記の通りです

① レーシックは手術者のその後の人生を左右する重大な手術ですから、手術を受けるに当たっては十分な判断力が求められます。

② 人間の視力が定まるのは20代後半だといわれていますので、未成年が視力矯正を行っても、再び近視がすすむ可能性が大きいのです。


Copyright(c) 2013 Kuraberu Lasik All Right Reserved