手術で失敗しないための正しい知識を学び医院で比べる

 

 

レーシックコラム

 

レーシック手術の一般的な流れ

レーシック手術の一般的な流れは下記のようになります。

 

1.手術に先立ってハードコンタクトレンズ1週間前、ソフトコンタクトレンズは3日前から裸眼状態にする必要がある。
2.検査は、散瞳検査で約1時間 適応検査に約10分、診察に約5分、相談および説明に約20分、そして手術待ち時間が付加されます。瞳孔を目薬で開けさせ検査するため、検査状態後2~3時間は、瞳のレンズが開いた状態のため、まぶしく感じることが多いようです。
3.手術時間は概ね15分程度。その後は手術直後の休憩に15分程度掛かると言われています。
4.当日以降の検査は翌日、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、1年後…と手術後も定期的に通う必要があるクリニックが多数を占めます。

 

このような流れがレーシック手術の流れになります。

各クリニックのサイトも是非ご覧ください!