手術で失敗しないための正しい知識を学び医院で比べる

 

 

レーシックコラム

 

レーシックの合併症

レーシックは角膜を手術するため、患者個人による差異はあるものの、合併症が伴う場合があります。中には深刻な合併症となる場合があり、後遺症として残る場合もあるが、良い条件の患者に有能かつ経験豊富な医師が手術を施した場合、深刻な合併症の起こる確率は1%未満と言われています。このようにデメリットもある事を忘れずに!