手術で失敗しないための正しい知識を学び医院で比べる

 

 

レーシックコラム

 

日本でのレーシックの普及

日本での歴史は、2000年にエキシマレーザー装置が医療機器の承認をうけ、販売が許可されたことから始まっています。日本国内での手術名称は「角膜屈折矯正手術」として現在のところ治療には健康保険が適用されず、自由診療である事から手術費用は診療所や医院によって幅があるのが現状です。普及当初は両目で60万円以上するのが通常でしたが、手術数や手術医院等の増加等に伴い、現在は両眼で8万円から50万円程度まで開きがありますが、かなりの普及となりました。