手術で失敗しないための正しい知識を学び医院で比べる

レーシックの種類

ラセック

ラセックは先ほどのエピレーシックと同様のものであり、角膜上皮層にフラップ(蓋となる部分)を作成し、それを捲り上げてエキシマレーザーを照射する手術です。

衝撃に強い事からスポーツ選手やその中でも過激な衝撃を受けるボクサーやプロレスラーなどに適していると言われています。


ラセックラセックのフラップはマイクロケラトーム等の器具を使用せず、20%のエタノール(アルコール)を点眼して角膜上皮を柔らかくした上でこれを剥がし作成します。ラセックの特徴はこの薄いフラップにあるのです。その為角膜の薄い人にも手術が可能でありレーシック自体の浸透を広めた一因と言えます。

また、ラセックはレーシックとは違い、深くフラップを作らないので手術後にフラップがずれてしまう事もありません。しかし、レーシックでは角膜実質層にレーザーを照射しますがラセックはそれよりも浅いボーマン層に照射をする事になります。そして一旦消失してしまったボーマン層は元には戻りません。

 

この事は各専門家により通常レーシックが良いとする意見、ラセックのが良いとする意見とに分かれていますが、どちらも角膜損傷状態であることには違いがなく、どちらの選択をするかは担当医と相談し患者様自体が自己責任で決めることになってしまいます。加えてラセックはその性質上、アルコールを使用するためアルコールの使用による長期的な影響が現状では判明されていないことから、危険視して反対する医師もいるのも事実です。