手術で失敗しないための正しい知識を学び医院で比べる

レーシックの種類

エピレーシック

エピレーシックは、従来レーシックで使用していたマイクロケラトームに代わり、エピケラトームという機器を使用してフラップ(蓋となる部分)を作成します。実際のイメージとしては「削る」というイメージが当てはまります。

 

従来のマイクロケラトームより、より浅く角膜の上皮層にフラップを作る事が出来ます。また上皮を切除してしまう為、通常のレーシックとは違い術後にフラップがずれるという心配もありません。

 

エピレーシックはボーマン膜をレーザーで消失してしまう代わりに、通常のレーシックに比べて強度の高い角膜になることから、眼球への衝撃に強く、顔面等に衝撃を受ける可能性があるボクサーなどに適している手術法として有名な治療法です。

エピレーシックのデメリット

エピレーシックの問題点と言われているのは術後の経過です。

通常のレーシックでは角膜上皮の切り口部のみの再生になる為、殆ど痛みも無く視力が快復するまでの時間も数時間で済むと言われていますが、エピレーシックの場合、結果的にフラップが剥がれ落ちて角膜上皮が完全再生に時間が必要で、数日から1週間程度は治療用のコンタクトレンズを装着する必要があります。

 

この時点では痛みも発生し、再生期間中は眩しさなどで目を開けることが出来ないくらいに傷みを感じるという方も実際にいます。しかし実際のエピレーシック術後の回復は早く、すぐに新たな角膜上皮が生成されますので上皮が生成される3日~1週間程度で痛みは無くなります。