手術で失敗しないための正しい知識を学び医院で比べる

レーシックの種類

ウェーブフロントレーシック

ウェーブフロントレーシックにはウェーブフロントアナライザーという装置を用いて手術前に角膜や水晶体の歪みを綿密に解析します。

 

個人個人の眼のデータを基に、その人にあったレーシックを行うのでカスタムレーシックとも呼ばれています。オーダーメイドのデータに沿って施術をするので強度の不正乱視でも矯正することが可能なのですが、その分通常のレーシックよりも費用は高くなります。

ウェーブフロントアナライザーでの解析後はレーシック、イントラレーシック、エピレーシックと同じものを施します。その後の手術方式によって通常のレーシックならウェーブフロントレーシック、イントラレーシックならウェーブフロント・イントラレーシックと呼びます。

 

見え方にも違いがあり、レーシックとウェーブフロントレーシックの暗いところでの見え方比較すると、レーシックに比べウェーブフロントレーシックの方が良いという結果が多いのも事実でありクリニックによっては結果に基づいて、ウェーブフロントレーシックをお勧めしているクリニックも多いです。