手術で失敗しないための正しい知識を学び医院で比べる

レーシックの種類

PRK

レーシック手術は角膜にフラップ(蓋となる部分)を作成してそれを捲り上げ、エキシマレーザーを照射しますが、PRKではフラップを作成しません。

PRKは事前に角膜上皮を完全に切除をするか、角膜上皮の上からレーザーを照射して角膜の厚さを調整し視力矯正を行う手術です。PRKの特徴としては完全に角膜上皮を再生されるので施術後の視界の見え方がクリアになります。また角膜異常や角膜が薄くてレーシックを受けられなかった人にも視力回復のチャンスが増えます。

反対にデメリットとしては、手術後レーシックよりも痛みを感じやすかったり(個人差があります)、角膜上皮を再生させる為に角膜上皮が混濁してしまう恐れがあるという点があります。