手術で失敗しないための正しい知識を学び医院で比べる

レーシックの種類

イントラレーシック

現在、人気の手術法でケラトームレーシックでフラップを作成するのにマイクロケラトームを使用しているにの対して、イントラレーシックでは、「イントラレーザー」と呼ばれる機械でフラップを作成します。

マイクロケラトームでは、カンナ状の刃で角膜を切り取りますが、イントラレーザーでは、レーザーにより角膜を切り取ります。

角膜の切り取りをレーザーによって行うことで正確な切り取りが行えるようになる為、ケラトームレーシックほど執刀医の技量に左右されないという利点があります。

フラップが正確に切り取られるということは、正確に戻すことも容易になる為、フラップを戻した後の治癒にも大きな影響があります。

 

ケラトームレーシックとの大きな違い

ケラトームレーシックでは、角膜の切り口が斜めになることによる問題点が発生してしまいますが、イントラレーシックでは、レーザーによる切り取りの為、切り口を垂直にすることが可能になります。

その為、フラップを戻した後に段差が生じることが無く、なめらかな表面のまま吸着します。それにより、瞬きなどによるフラップのズレやシワなどが極めて起こりにくい方法になります。

 

ただし、問題点ではありませんが、イントラレーシックはケラトームレーシックとは異なり近年になって導入された方法である為、ケラトームレーシックに比べ、実績が少なく、今後、問題点が発見される可能性もあります。